英語の勉強をいくらしても、話せるようにならないのは失敗する理由があるからです。

そんな失敗をしない為に、私の友達が音声付無料レポートを作成してくれました。

無料で英語の勉強をしたい方にはオススメです。
http://eigo.acqwords.com/report.html


2007年03月14日

チップをあげるときに使う英会話

こんにちは!

英会話の学習は順調ですか?

チップという習慣は日本人にとって楽なことじゃないと思います。

料金の15%を計算してチップに残しておけば困ることはないです。

そのチップを上げる時に使える表現を紹介したいと思います。


■例1

Here you go.
どうぞ。


■例2

Keep the change.
お釣は結構です。


■例3

This is for your trouble.
ご面倒をお掛けしたので、とっておいてください。


例1は簡単そうに見えるんですが、忘れやすいと思います。

例2はチップ含めて払う時にサービス業の人に

そのつもりを知らせるための表現になります。

サービス業の人が自分の仕事の上特別なサービスを

していただいた時にチップを上げて、

例3を使えばいいと思います。

例えば、最近私の友達がデパートのカウンターで財布を忘れて、

当日その店員から電話をいただきました。

その場合に、アメリカでは、

その店員さんにチップを上げてお礼の言葉を言うのが常識だと思います。


こんど海外旅行に行く際、この表現を使ってみてください。

それでチップの習慣に慣れることが出来るといいですね!


今日の英会話レッスンはここまでです。
お疲れ様でした。





ソニー損保 口コミ
posted by Ds at 12:53 | レストランでの表現

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。