英語の勉強をいくらしても、話せるようにならないのは失敗する理由があるからです。

そんな失敗をしない為に、私の友達が音声付無料レポートを作成してくれました。

無料で英語の勉強をしたい方にはオススメです。
http://eigo.acqwords.com/report.html


2007年04月10日

断るときに使う英会話

こんにちは!

英会話の学習は順調ですか?
英会話は継続が重要です。

今日はひょっとしたら、自分少し日本人っぽくなっているのではないかと思ったりしました。

といいますのも、アメリカではドタキャンで友達に当日の予定をキャンセルされてもあまり気にしないのですが、日本では結構社交的なタブーになっていますよね。

今日は友達にドタキャンされてちょっといらいらしたので、
自分も日本の考え方に近づいているかもしれないと感じました。

今日は予定を丁寧にキャンセルするための表現を紹介したいと思います。

では、読んでみましょう!


■例1

I’m afraid I’ve come down with something.
あいにく体調が悪くなってしまいました。


■例2

I think I’m going to be working late today.
今日は残業になりそうですね・・・


■例3

Can I take a raincheck?
また今度にしてもいいですか?


例1の「to come down with something」は「病気になる」という意味です。

残業をする時には例2を使えばいいです。

例3の「raincheck」の意味は野球から来まして、

雨が降った時にもらえる無料入場券のことです。

同じように友達から予定を変えるという権利をもらえます。

どうしても予定をキャンセルことがあったら、

この表現を使ってください。

アメリカでもドタキャンは良くないですが、

たまには柔軟にならないといけないです。

私もいらいらしないように頑張ります。






事故車 買取 カービュー
posted by Ds at 10:35 | 色々な表現

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。