英語の勉強をいくらしても、話せるようにならないのは失敗する理由があるからです。

そんな失敗をしない為に、私の友達が音声付無料レポートを作成してくれました。

無料で英語の勉強をしたい方にはオススメです。
http://eigo.acqwords.com/report.html


2006年12月11日

観光客にオススメを教える 英会話表現

マンツーマン 英会話 教室へようこそ!

皆さん、こんにちは!ウォルタードーソンです。

アメリカでは各家族に自分たちの風邪の治療方法があります。
多分、風邪の時一番よく食べられている食べ物は、日本ではお粥かも知れませんが、チキンヌードルスープです。

さて、今日は食事などのおすすめを教えるための表現を説明しようと思います。

東京はとっても国際的な大都市なので、皆さんは海外から訪れて来る観光客と道端で話すきっかけはあるかと思います。

そんな観光客におすすめを教えてあげるための表現を上げます!

その二つの表現は:

You should〜
・・・したほうがいいですよ。

You can…〜
・・・ができます。

以上です。

大体「you should…」というのは思い浮かぶと思いますが
おすすめを説明する時に「you can」の可能系の表現がとっても便利です。

さあ、会話の例を聞きましょう!


■例文その1

Where can I eat some good sushi?
おいしい寿司はどこで食べられますか?



■例文その2

You should go to Tsukiji.
築地に行ったほうがいいですよ。



■例文その3

You can eat some very fresh sushi there.
あそこでとっても新鮮な寿司が食べられます。




ここでちょっと気をつけてほしいのは「can」という助動詞は「eat」と一緒に使われている。

こういうふうに答えないように注意しましょう:
“You can go to Tsukiji.”「築地に行けますよ。」

この観客はどこに「行けるか」というよりはどこで「寿司が食べられるか」というのを聞いています。

この会話を数回聞きながら、繰り返してみてください。
それから、こういう観光客はどういう質問するかというのを考えてから、練習してみてはいかがでしょうか?


今日の英会話レッスンはここまでです。

お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)

自動車 ゴールド免許
posted by Ds at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な表現
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。