英語の勉強をいくらしても、話せるようにならないのは失敗する理由があるからです。

そんな失敗をしない為に、私の友達が音声付無料レポートを作成してくれました。

無料で英語の勉強をしたい方にはオススメです。
http://eigo.acqwords.com/report.html


2006年12月15日

英語は感情を込めて話そう。

みなさん、こんにちは!

ウォルター・ドーソンです。

英会話学習は順調ですか?
英会話の学習は継続することが重要です。

今日は、フレーザル・ヴァーブスつまり、文法用語では「句動詞」にフォーカスをあてて勉強していきたいと思います。

そして、今日のレッスンとして、特定の状況でのいくつかの表現に焦点をあてていきますね。

わたしは、学生たちが単調な読み方で教科書の会話文を読む、といった経験をたくさんしています。

しかし、実際の生活では、友人を失う危険は冒したくないので、わたしたちは話し相手に興味を持っていると示す必要がありますよね。

人はその日、その日で起きたいい出来事を話したがるものです。

今日は、あなたが相手の言っていることに強い興味を覚えているんだということを伝えたいときに役立つ言葉を勉強していきたいと思います。


「今日の表現」


例1.

Really?
ホント?


例2.

That’s great!
すごい!


例3.

Good for you!
よかったね!


例4.

You don’t say!
まさかぁ!


こういう言葉を使うときは、特にイントネーションやフィーリングに気をつけるようにしてくださいね。

また、感情を出すことで親しみを表現することを忘れないでください。

わたしは、みなさんが、知り合いの英語ネイティブの人たちと話すときに「今日の表現」を使って会話するようになることを望んでます!
posted by Ds at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | リアクション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。