英語の勉強をいくらしても、話せるようにならないのは失敗する理由があるからです。

そんな失敗をしない為に、私の友達が音声付無料レポートを作成してくれました。

無料で英語の勉強をしたい方にはオススメです。
http://eigo.acqwords.com/report.html


2007年02月05日

「Just」の使い方2

こんにちは!

前回のレッスンに続きまして、今日も「just」を使う表現を説明したいと思います。

その中で最初の二つの表現は「にかかわらず」という意味で
後の二つは「正確に」という意味になります。

会話1の「just the same」を使えば、アドバイスを聞いたことにもかかわらず、違うことをするという意味になります。

会話2の「just in case」というのは日本語の「万が一」という表現に近いです。


■会話1

A: In Thailand you do not have to wear a helmet when you ride on a scooter.
タイではスクーターに乗る時はヘルメットをかぶらなくていいですよ。


B: I think I will wear a helmet just the same.
それにかかわらず、私はヘルメットをかぶると思います。


■会話2

A: The weather forecast is for a sunny day.
天気予報によると今日は晴れるそうだ。


B: I’ll bring an umbrella just in case.
それにかかわらず、傘を持って行くと思います。


〜お風呂上りのビールを飲みながら〜

■例1

This is just what the doctor ordered!
やっぱりお風呂上りの一杯は最高だね!


■例2

You have to pick up the sushi just right with your chopsticks or it will fall apart.
お箸でちゃんとお寿司を持ち上げないと崩れちゃう。


例1のイディオムでは物事がその場面に合っているということを表します。

例2では正確のやりかたというのが意味に含まれます。

このレッスンがお風呂上りの一杯と同じように効きますように!


今日の英会話レッスンはここまでです。
お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)



廃車 手続き
posted by Ds at 10:16 | 単語・熟語
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。