英語の勉強をいくらしても、話せるようにならないのは失敗する理由があるからです。

そんな失敗をしない為に、私の友達が音声付無料レポートを作成してくれました。

無料で英語の勉強をしたい方にはオススメです。
http://eigo.acqwords.com/report.html


2007年04月11日

どんな気分ですか?

英会話の学習は順調ですか?


こんにちは!

私は色々な料理を食べるのが好きです。

私は食べるものにはこだわらないで、
食べに行く前に友達の食べたい料理を聞くタイプです。

今日はそのための表現を教えたいと思います。

では、読んでみましょう!


■例1

What are you in the mood for?どんな気分?


■例2

I have a yen for Chinese. How about you?
私は中華料理を食べたいという気分です。あなたはどうですか?


■例3

How about Italian?
イタリア料理はどうですか?


例2の「to have a yen」は特に日本人に面白いかもしれません。

ここでは「yen」というのは日本円とまったく関係ないです。

19世紀に広東語から英語に

入ったらしく、広東語の「yin」はアヘン中毒による欲しくなる気持ちです。

現代英語では一般的に「欲」や「好み」という意味になっています。

よく食べ物に対して使われています。

最初は例3は簡単に見えるかもしれませんが、

省略に注目してほしいです。

「イタリア料理」が「イタリアン」に省略されたように

Chinese」や「Mexican」などいろいろな言い方があります。


今日の英会話レッスンはここまでです。
お疲れ様でした。

posted by Ds at 13:38 | レストランでの表現

2007年03月14日

チップをあげるときに使う英会話

こんにちは!

英会話の学習は順調ですか?

チップという習慣は日本人にとって楽なことじゃないと思います。

料金の15%を計算してチップに残しておけば困ることはないです。

そのチップを上げる時に使える表現を紹介したいと思います。


■例1

Here you go.
どうぞ。


■例2

Keep the change.
お釣は結構です。


■例3

This is for your trouble.
ご面倒をお掛けしたので、とっておいてください。


例1は簡単そうに見えるんですが、忘れやすいと思います。

例2はチップ含めて払う時にサービス業の人に

そのつもりを知らせるための表現になります。

サービス業の人が自分の仕事の上特別なサービスを

していただいた時にチップを上げて、

例3を使えばいいと思います。

例えば、最近私の友達がデパートのカウンターで財布を忘れて、

当日その店員から電話をいただきました。

その場合に、アメリカでは、

その店員さんにチップを上げてお礼の言葉を言うのが常識だと思います。


こんど海外旅行に行く際、この表現を使ってみてください。

それでチップの習慣に慣れることが出来るといいですね!


今日の英会話レッスンはここまでです。
お疲れ様でした。





ソニー損保 口コミ
posted by Ds at 12:53 | レストランでの表現

2007年01月09日

NYCのデリー英会話

こんにちは!

英会話の学習は順調ですか?
英会話の学習は継続が重要です。

今日は、英会話の学習からというよりも
少し息抜きをしましょう。

ニューヨークには、デリーという有名なレストランがあります。

そこのユニークな表現を説明したいと思います。


■例1

Next on line!
次!(次並んでいるお客さん、ご注文をどうぞ!)


デリーのカウンターで働いている人はこの表現を使います。

次の人の注文を受け取る時に使います。

デリーの仕事のペースは非常に速いので、話す言葉はわりと短いです。

しかし、アメリカの殆どの地域では例2の言い方になります。


■例2

Next in line!
次!(次並んでいるお客さん、ご注文をどうぞ!)


前置詞の「in」がニューヨークでは「on」になります。


■例3

To stay or to go?
店内?お持ち帰り?


To stay」はレストランに「残って」食べるという意味です。

To go」というのはレストランから出て「行って」食べ物を持ち出すという意味です。


■例4

Soup 'er salad? (Soup or salad?)
スープそれともサラダ?


この表現はネイティブの人にもわかりにくい表現です。

よく「super salad」、いわば「ラージサラダ」という聞き間違いをするのです。

しかし、この言い方によってデリーのカウンターで働いている人はセットメニューについて来る注文を聞いています。


ニューヨークは日本人にとって、よく行く旅行先だと思うので
今度ニューヨークを訪ねる時にデリーに入って「デリー文化」を味わって欲しいですね!食べ物もね!

きっとこの表現は耳に入ってくると思います。


今日の英会話レッスンはここまでです。

お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)



事故車 買取

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。